発達障害その他障害等、困り感がある人のピアノ教室(音楽教室)を設立 【バリアフリーチャレンジ!記事シェア】

凸凹ちゃん

今回は、凸凹さんが書いた記事です
音大生でありながら、ライターとして発信もされている方。

新着記事のご紹介

記事に添付されているメロディーを聞くだけでも… おだやかになれます
音楽は、いやし効果バツグンですね

凸凹ちゃん

ふつうにできることっていっぱいある
でも、できないことは
「やり方」をかえればいいと思う
新たな挑戦をする凸凹さん
親としても勇気や希望をもらえる記事でした

りょう育ママ

当事者だからわかることが、あるんです

音はココロをいやす

長女は、療育施設で音楽療法をしていただいてます。
クラリネットを習っていたのですが

コロナの今は、ピアノを教えてもらっています。

去年の誕生日プレゼントに

あまり物欲がない長女なのですが
ピアノがほしい!をねだられました💦

コロナ禍でストレスフルだった彼女は
家でピアノを弾きたくて仕方なかったのです

凸凹ちゃん

こんな立派なピアノは、スペース的にも予算的にも無理でした💦

まったく!ピアノが弾けない・わからないので
療育施設の先生と
電化製品店の店員さんに相談し…
最終的には、本人が弾いて納得したものを購入しました

りょう育ママ

イライラしたら、ピアノを弾くようになりましたよ
バリアフリーチャレンジ!とは

「多彩な情報発信と多様な人が繋がれる場づくり」で暮らしやすい世の中へ。
人生の途中で障害者となった代表 島本さんと当事者・支援者・家族などことなる立場のWebライターがそれぞれが情報発信。
Webライターの一員として、わたしも記事を書いています。

わたしの最新記事は、「発達性協調運動障害(DCD)」

2個以上の動作にぶきようさがあらわれる方のお話です。

ぶっきっちょさんだと思っている、あなたへ「バリアフリーチャレンジ!」

今後の予定

お願い

リンク先へ飛ぶことで投票されます。
一人でも多くのママさんに当blogを知っていただけるよう、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA