【対談】未知の恐怖から希望へ★バリアフリーチャレンジ!記事シェア

りょう育ママとは…3人の凸凹ちゃんを育てるママ

育児についてのリアル話や凸凹お役立ち情報をブログで発信。
凸凹がメガネみたいに当たり前な世の中にしていきたいとジタバタもがいている🤣
☕️学校と支援の狭間で悩むパパママ向けに月1回凸凹カフェをしています
今回は、代表であり
バリアフリーチャレンジすべての記事を校正している「編集長」です

新着記事のご紹介

凸凹さんがメンバーとして新規に加入
その方と…もうお1人との対談です。

ちょこっと裏話

記事から生まれる対話

Facebookグループ(バリアフリーサロン)では、
チームメンバーと読者の皆様との交流を目的に、
WEBサイトに公開された記事について対話しています

ご参加の場合は、こちらから

今回した、質問…

りょう育ママ

編集長へ
①インタビューや対談は、リアルが多かったと思います
オンラインに切り替わり、どのように変化を感じましたか?
②オンライン、リアル
それぞれのメリットとデメリットを教えてくださいませ

まさかのご指名が💦

インタビュアーのつもりで大ちゃんにも質問どうぞー

編集長

りょう育ママ

だいちゃんさんへ
バリアフリーチャレンジの運営スタッフになりたいと思った「決定打」と
奥さまにどう説明されたかお聞かせくださいませ
と聞いてみたした🎵

★回答を聞きたい方は、ぜひFacebookグループへご参加ください

アイキャッチ画像への想い

わたしは、ひとつひとつ記事を読んで
想いが伝わるように画像作成をしています

今回は、「対談」
編集長から男性2人と女性1人が話している画像がいいとのご希望がありました

りょう育ママ

会議風景ではなく、あえて横並びの画像にして
仲のよさを表現してみました

バリアフリーチャレンジでは、活動メンバーを募集しています
わたしといっしょに活動してみませんか?

バリアフリーチャレンジ!とは

「多彩な情報発信と多様な人が繋がれる場づくり」で暮らしやすい世の中へ。
人生の途中で障害者となった代表 島本さんと当事者・支援者・家族などことなる立場のWebライターがそれぞれが情報発信。
Webライターの一員として、わたしも記事を書いています。

わたしの新着記事は、
怒っても叱っても伝わらないのは、どうしてだろう?
「バリアフリーチャレンジ!」

怒っても叱っても伝わらない…そんな経験ありませんか?
そんな時は、どんなふうに言い方をかえたらいいんだろう?
伝わりにくい理由を考えてみました。

お願い

リンク先へ飛ぶことで投票されます。
一人でも多くのママさんに当blogを知っていただけるよう、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

今後の予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA