偏食は、ワガママ?それとも…

偏食

ワガママだ
単なる好き嫌いなだけ
と言われやすい、偏食
わたしは、ココロのアレルギーだと思っています。

視覚から入る色で判断している?

離乳食のときは、なんでも食べていたのに視覚優位だからか…
色がわかりはじめると食べることを拒否し始めました。
幼少期、長男は「白」しか食べなかったです。

(ほうれん草など)緑色のものは、食べ物と認識してなかったのかもしれません。

りょう育ママ

ちなみに、娘は「茶色」しか食べなかったです

わが家で実践したことは…

わたしが食べる→食べ物と認識してもらう
ひと口すすめる→ちょびっとでも食べたら、ほめる
いっしょに料理しながら味見すると抜群に食べれる「きっかけ」となりました

注意したこと

  1. がんばってひと口食べたら、ほめる
  2. ひと口食べられたからと、もうひと口をすすめない

子どもの表現は…

「食べられない」
「ムリ」
しか言わなかった…言えなかった

でも時間をかけて、じっくり話をすると…
「食べ物では、ない
口のなかがいたい
という意味だったことがわかりました。

理由が話せるようになるまで時間がかかります

ワガママで言っているのではないことは…
どんだけ空腹でも食べない
ことでわかります
好きなものだけをお弁当につめても…
それでも…1年で800gしか増えなかったこともあります

体重が減ってないなら、大丈夫だと言い聞かせて育てました

子どもによってダメなことは、ちがう

まぜごはんは、NG
炊き込みご飯も NG
白ご飯かのりをまくは、OK
カツ丼NG
だけど、親子丼はOK

味がまざったら、ダメとか
食感がNG
など理由は、さまざま

一つずつ親子で確認しながら、ご飯を食べていました。

りょう育ママ

わが子は3人とも好き嫌いがちがうので、なかなか食には苦労しました。今では、大食いです♪

お願い

リンク先へ飛ぶことで投票されます。一人でも多くのママさんに当blogを知っていただけるよう、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA