市民と政治のバリアフリーを目指して★バリアフリーチャレンジ!記事シェア

りょう育ママとは…3人の凸凹ちゃんを育てるママ

育児についてのリアル話や凸凹お役立ち情報をブログで発信。
凸凹がメガネみたいに当たり前な世の中にしていきたいとジタバタもがいている🤣
☕️学校と支援の狭間で悩むパパママ向けに月1回凸凹カフェをしています
今回は、公務員を辞めて
政治家として活動をすることを決めた方です。
バリアフリー成人式では、司会・進行・ディスカッションまでマルチにこなしてくださいました

新着記事のご紹介

政治に対するバリアは存在するか?を考察し
結論まで書かれています
さらっと読めるので、ぜひ読んでいただきたいです。

ちょこっと裏話

記事から生まれる対話

Facebookグループ(バリアフリーサロン)では、
チームメンバーと読者の皆様との交流を目的に、
WEBサイトに公開された記事について対話しています

ご参加の場合は、こちらから

今回した、質問…

りょう育ママ

①公務員を辞めて出馬を決めた「きっかけ」を教えてください
②「小さな成功体験」
を得ることは、子どもたちにもたいせつなことだとわたしも感じています
そのために、政治家としてどんなことをされますか?
小学生にもわかるような言葉でお聞かせください
回答を聞きたい方は、ぜひFacebookグループへご参加ください

りょう育ママ

この質問の回答がめちゃくちゃよかったです。
なぜ記事に書いてくれなかったのか?と思うくらいですよ!

あと6年で選挙権をもつわが子

今から選挙の話をしています
でも、わかりにくいのが「マニュフェスト」と他の候補者の「ちがい」
小学生にもわかる言葉って、オトナもわかりやすいですよね
なので、あえての質問でした。

アイキャッチ画像への想い

わたしは、ひとつひとつ記事を読んで
想いが伝わるように画像作成をしています

今回は、ズバリ「政治」
市民と政治のバリアフリーなんて難しいテーマを
わかりやすく書いてくださっている

りょう育ママ

訴える想いを拡声器のイラストを
付け加えることで表現してみました

バリアフリーチャレンジでは、活動メンバーを募集しています
わたしといっしょに活動してみませんか?

バリアフリーチャレンジ!とは

「多彩な情報発信と多様な人が繋がれる場づくり」で暮らしやすい世の中へ。
人生の途中で障害者となった代表 島本さんと当事者・支援者・家族などことなる立場のWebライターがそれぞれが情報発信。
Webライターの一員として、わたしも記事を書いています。

わたしの新着記事は、
怒っても叱っても伝わらないのは、どうしてだろう?
「バリアフリーチャレンジ!」

怒っても叱っても伝わらない…そんな経験ありませんか?
そんな時は、どんなふうに言い方をかえたらいいんだろう?
伝わりにくい理由を考えてみました。

お願い

リンク先へ飛ぶことで投票されます。
一人でも多くのママさんに当blogを知っていただけるよう、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

今後の予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA