子どもの発達に悩んでいるパパママは、凸凹カフェへ

発達障害の夫がパートナー

りょう育ママとは…3人の凸凹ちゃんを育てるママ

育児についてのリアル話や凸凹お役立ち情報をブログで発信。
凸凹がメガネみたいに当たり前な世の中にしていきたいとジタバタもがいている🤣
☕️学校と支援の狭間で悩むパパママ向けに月1回凸凹カフェをしています

2021年2月セミナー・イベント情報

今後の予定
  1. 🈵 miraicafe
    2月23日(水・祝)13:30~15:30
  2. 【募集中】凸凹ちゃんのこと、どれくらい知ってる?
    3月19日(土) 21:30〜23:00
付き合っている頃は、よかった
会う時間もかぎられているし、ちょっと個性的な人だなくらいだった
でも、結婚し
いっしょに住み
夫となり、父になったのに
彼は、かわらなかった
ずっと独身のまま
パパとなってなかった
かわらなかったのだ
車の免許更新で子どもを預けたら、血を流しながら泣き叫ぶ長女
外面は、よいけど
家では…自傷行為すらする特性のある子どもを育てて

りょう育ママ

ちょっと育てにくい
と言っても伝わらなかった

子どもが自分の気持ちを言えないことすらわからない…
オトナと同じように話す、夫
自分(夫)ができることは、3歳の子もできると思っている

孤独と言うよりも
身内に敵がいるように感じていた

ここでも書けないくらいの修羅場もあった
わたしのメンタルすら壊れた

夫のせいにして
発達障害のせいし
不登校になれば学校のせいにしてた…わたし

それでも踏ん張ってる当事者の方々を見てきて目がさめた

不登校も
発達障害も関係ない
別れたかったら、別れよう

でも、夫は100%キライではない

彼なりの不器用なやさしさも
自分が一番だけど、それなりに(笑)家族も好きなことも
わかっているから

がんばるベクトルを
どちらの方向にどれだけの力で置くのか?

を知ると
子育ても夫婦関係も
ある一つの真理に近づく

適切な関わり方を知らなかった
具体的にゴールを言わないとわからなかった、だけ

そんなわたしが変わるきっかけとなったのが

ぱんだちゃんのマヤ暦®️

ぱんだちゃんのマヤ暦®️と出会って今年で…5年目
まさか自分が鑑定士になるとは夢見てもいなかった
当時、迷走ではなく
見えない闇の中をさすらっていました

りょう育ママ

ぱんだちゃんのマヤ暦Ⓡに出会ってなかったら…と思うと怖くて仕方ない💦
夫への声かけがわかったり
あきらめ方(笑)がわかったりして
夫から自分軸へ移行できました

凸凹ちゃんのワンオペ育児

見えないしんどさを訴えてもだれにも届かない…
当時、夫は定期的な出張や海外にも行ってた

昼間は、パニックで泣き叫ぶ長女
夜には、夢の中で助けを呼ぶ長男
まだまだ夜の授乳もあった、次男
3人の子どもを抱えながらのワンオペ

りょう育ママ

そりゃ、病みますよ
だって、わたし○○だから
もともと子育てに向いていない紋章💦

家族関係を紐解くのには、マヤ暦しかない!

わたしは、このぱんだちゃんのマヤ暦の個別鑑定を
何度も何度も何度も…受けました

ぱんだちゃんのマヤ暦®️は、1回聞いて
また気持ちがかわると、同じ紋章でもお伝えすることがちがう話になります

だって、その方の段階が「あがる」から
前とは「ちがう」人になる

不満や愚痴を言うのをやめて、
自分自身と向き合い、
要らないものを落としていく

そんな手助けがぱんだちゃんのマヤ暦®️だと思います

ココロがかわれば、人生がかわるんです

ぱんだちゃんのマヤ暦は、当たるのではなく
行動をすることによって運気を「あげる」

ぱんだちゃんのマヤ暦®️を受けた2018年
4年前と比べて…

もがきながら、動いたことによって
わたし自身が顔もかわったと言われたよ

いろんなお仕事にも
やさしいヒトにも
めぐりあえました

ママの運気をあげれば、子どもの運気も上がるのを身をもって知った

毎回お伝えすること

ぱんだちゃんのマヤ暦®️は 当たるのではなくて 運気を「あげる!」

んです

そして、どのマヤ暦よりも
わかりやすく…かわいい♥

長女は、小5の時にいじめにあいました

特別支援学級に在籍している、長女
たいしたことない問題だったかもしれません
でも…学校の不適切な対応にあい親子で泣きました
(教頭が謝罪し、教育委員会へ報告する案件にまで発展)
そこから、1週間もカラダが持たなかった娘
体調を崩し、学校へ行かせたことを後悔した…わたし

発熱がさがってもココロの充電と思い…学校をお休みしました
その間、パニックやフラッシュバックが多発
学校で今まであった、5年分の嫌なことがふきだした
仕事をお休みし、彼女に寄り添う…終わりのない日々
そのまま、コロナ休校へ

学年がかわり
学校の先生から善意の
「おうちまで迎えにいきましょうか?」
は、丁重にお断り💦

家庭訪問では
自分の部屋で泣き叫ぶ娘の声を
先生方に玄関前の外から聞いていただいた

学校、家庭、福祉、医療、カウンセラー、相談員
使えるものは、なんでも使った

そして、長女の紋章があがる「行動」をしていった

わたしは、ジブンで自分を整えた

りょう育ママ

しんどいときは、学校行かなくていいよ

りょう育ママ

遅刻してもいいよー
でも、心配だからメールしてね

りょう育ママ

母は外出しまーす
とわたしもストレス発散を定期的に心がけた

1年後…本当に変わりました

なによりも
「だれかのためになにかをしたい」という意識がでてきた
卒業論文では、
「わたしを助けてくれた○○みたいに、人を助ける職業につきたい」と書いてた

お腹減るとめっちゃ怒るけど(笑)
今では、わたしにコーヒーをいれてくれるまで
おだやかになってくれたことが…ありがたい

やらかした失敗談もネタ!

いろいろわたし自身がネタになると笑えるようになりました
時間は、かかるけど
わたしの経験・糧になる
マルチタスクが磨かれましたよ😅

子どもに振り回されていたことを考えると
今は、わたしが子どもを振り回しているのかもしれません(笑)

凸凹ちゃんは、説明だけではなく
経験・体験することで、カラダにゆっくりとしみ込んできます

わが子への声かけがかわる

ぱんだちゃんのマヤ暦を知ってから
紋章によってどんな声かけがいいのか実は、ちがう

だから、おなじことをしていても
ぶつぶつ文句を言っててもダイジョブな紋章と
文句を言うと運気がさがる紋章といる

とりあえず、わが家は
長女:赤×赤
長男:黄×白
次男:白×青
と彩鮮やかな感じですが、それぞれ声かけの仕方はかえています

学ぶだけではなくアウトプットすることにより
さらに理解が深まります

りょう育ママ

ぱんだちゃんのマヤ暦Ⓡを学んで
自分の周りをご自身で紐解いていきたい方は、ぜひご連絡くださいませ

いっしょに読んでほしい記事

記事を読む

りょう育ママ

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

お願い

リンク先へ飛ぶことで投票されます。
一人でも多くのママさんに当blogを知っていただけるよう、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA