寄付とGift 【バリアフリーチャレンジ!記事シェア】

今回は、特例認定NPO法人Gift 理事長さんが書いた記事のご紹介です
笑顔がチャーミングな彼女
アツい想いを文面でも活動でも発揮されています。

新着記事のご紹介

寄付とGift
団体名をからめながら
寄付って?

そして、どんな活動をしているのか?を書かれています

りょう育ママ

わたしもマンスリーサポーターになりました♪

寄付をお願いする勇気

実物とは、ことなります(笑)

わたし、寄付をお願いするのにものすごく抵抗があったのです
個人的にも寄付をしないタイプだったから…
でも、ひとりの力にも限界があります
今までは、社会生活をひとりでもできてきた
活動をするに当たって「カベ」ができました

そこで…

リアルクラウドファンディングに挑戦

かんたんに言うとGiftとおなじ原点
「貯金箱」

凸凹関連資料を自費でコツコツ集めています

あつまれ!凸凹ちゃんは、個人で活動し
助成金もいただいておりません

凸凹文庫は、わが家の家計費からでています

質の高い情報発信のため
論拠として日本LD学会出版の

発達障害事典を欲しくなったのです

こちら、お値段 約25,000円
個人では、なかなか手が出せないお値段
ましてや…夫におねだりできない…💦

そこで!☕️凸凹カフェで貯金箱と紙を置いて
「リアルクラウドファンディング」をしました。

使い道を明確にした

【発達障害辞典】は、

  1. ブログ発信の参考資料
  2. 凸凹カフェでの閲覧資料

として活用するとブログに書きました

家計から出すには、高額な本だということも正直に書きました

りょう育ママ

3か月で達成

2019年10月から2020年1月凸凹カフェ限定で行っていた
リアルクラウドファンディング

未来地図「スタッフ」としてお世話になっている
「なんでもできる」ゾノさんと
同じくママ相談員の「yukiさん」が
遠方にも関わらず…
「振り込んでもだいじょうぶなら、支援したい❗️」と言っていただきました

りょう育ママ

ありがとうございます

そして、なんと…

24,400円

わずか3ヶ月で、みごと達成いたしました!!

なお、差額(2400円)は📕凸凹文庫の費用に当てさせていただきました

りょう育ママ

本2冊分です♪
本当にありがとうございました。

意外な想いを聞けた

ここまであたたかな気持ちをいただけますと
当初は思わず始まった、この活動

募金箱には、たくさんのメッセージをいただきました
寄付していただいているのに…お礼が書かれていたのです

そして…

今でも忘れられない言葉

いつもお世話になっているのに
お手伝いできなくて心苦しかったの
りょう育ママさんのお役に立ててうれしいわ

ママA

こちらの本は、いまでもわたしのたいせつな相棒です
常にパソコンの横に立てていますよ

どんな「カタチ」であってもいい

今回は、寄付
お金に関して書きましたが
どんなカタチでも応援する想いがあればいいと思います

お金がなくてもできること

記事のシェアだったり
ヒトにすすめたり
お手伝いとして労力を提供したり

些細なことかもしれませんが
応援してもらえれば、チカラがわいてきます

わたしが感じたこと

  • できないことは、周りに助けてもらっていい
  • 発信しながら、受信もしよう
  • 想いは次へとつながる

りょう育ママ

あなたは、だれに想いをつなげますか?

バリアフリーチャレンジでは、活動メンバーを募集しています(2/13〆切)
あなたもいっしょに発信してみませんか?

バリアフリーチャレンジ!とは

「多彩な情報発信と多様な人が繋がれる場づくり」で暮らしやすい世の中へ。
人生の途中で障害者となった代表 島本さんと当事者・支援者・家族などことなる立場のWebライターがそれぞれが情報発信。
Webライターの一員として、わたしも記事を書いています。

わたしの最新記事は、「発達性協調運動障害(DCD)」

2個以上の動作にぶきようさがあらわれる方のお話です。

ぶっきっちょさんだと思っている、あなたへ「バリアフリーチャレンジ!」

お願い

リンク先へ飛ぶことで投票されます。
一人でも多くのママさんに当blogを知っていただけるよう、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

今後の予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA